アコムマスターカードも総量規制は関係してくるのか?

アコムのマスターカードは、クレジットカードにキャッシング機能をつけられるカードのことで、ショッピング専用のクレジットカードとしても、またキャッシング機能をつけることでカードローンを利用する事も出来ます。

 

マスターカードは、ショッピングに使用する場合は最高300万円までとなり、キャッシングを利用する場合ならショッピングと合わせて最高500万円までの融資が可能となっています。

 

しかし、アコムは銀行ではなく消費者金融ですから貸金業法により総量規制の対象となってしまいます。そのため、総量規制の対象となると、最高で年収の3分の1までの額しか借入が出来なくなってしまうのです。

 

つまり、最高限度額が500万円のアコムのマスターカードであっても、年収が1500万円以上あることで、はじめて最高限度額である500万円の融資を受けることが可能となるのです。

 

ですが、実はこの総量規制の対象となるのは、カードローンのように利用目的の問われない融資だけなのです。そのため、ショッピング枠でクレジットカードとしてマスターカードを利用する時には、この総量規制の対象外となり、年収の3分の1制限を受けません。

 

つまり、消費者金融であるアコムが発行をしているマスターカードはキャッシング機能の部分のみ総量規制の対象となり、ショッピング枠のクレジット機能では、総量規制の対象外となっているのです。アコムマスターカードは、このように使い方によって総量規制との関係は変わってくるのです。

 

>>アコムマスターカード・ACクレジットカードの詳細