アコムの審査で必要な情報とは

審査で確認される様々な情報について

アコムの審査では、申し込んできた人に安心して融資を行うことができるかどうかということを確認します。一般的には返済能力といわれていますが、この返済能力を判断するうえで、アコムの審査では様々な情報を確認することになります。

個人情報

アコムの審査で確認される最も基本的な情報です。

  • 住所や氏名
  • 生年月日

などが確認されますが、この情報との整合性は運転免許証などの本人確認書類で判断されることになりますので、本人確認書類は審査では必須の書類となっています。当然ながらこうした書類が用意できない場合にはアコムに申し込むことができません。

生活情報

申し込んできた人が住んでいる住居や電話番号の名義などについて確認を行います。

 

 

住居の状況を何故確認されるのかなぁ・・・


これはアコムの審査において信用度を判断するための材料となるものであり、たとえば住居が持家か賃貸かといったところを確認し、持家の場合は社会的な信用度も高いと判断されることになります。こうした

 

 

信用度の高さ返済能力の高さに関係します


ので審査の評価に影響すると考えることができます。もちろん賃貸住宅に住んでいるからといってそれが原因でアコムの審査に通らないということはありませんが、返済能力の判断基準として考えられることがあるということは理解しておいた方が良いでしょう。

勤務先情報

現在勤めている勤務先や勤続年数、職種などもアコムの審査では確認されます。アコムで融資を受けるためには毎月安定した収入が必要という条件がありますので、何らかの勤務先に勤めていない状態ではアコムで融資を申し込むことはできません。

 

収入が毎月給与として入ってくる状態であればパートやアルバイトであってもアコムでは融資が可能となっています。

 

アコムの審査では勤続期間が長いこと、収入ができる限り安定していることが評価の対象となりますので、こうした場合には返済能力が高いと判断してもらいやすいといえるでしょう。尚、アコムで融資を申し込む金額に寄っては

  • アコムでの利用限度額が50万円を超える場合
  • アコムでの利用限度額と他の貸金業者からの借入額の合計が100万円を超える場合

収入証明書が必要な場合もありますので気になる場合は事前に用意しておきましょう。

信用情報

アコムの審査では個人信用情報機関に情報を問い合わせて

 

 

過去のカードローンやクレジットカードの支払状況についいて確認を行います。


また、債務整理などの金融事故の有無についても個人信用情報機関に問い合わせることで確認ができますので、こうした情報を確認することで、今後融資を行った後に問題なく返済してもらえるかどうかの判断材料とすることができます。