アコムの審査に通らないのはどんな人?

審査はなぜ行われる?

アコムで融資を申し込んだ場合、必ず審査が行われます。この審査が行われる最大の目的は、融資を行った相手が問題なく返済ができるかどうかを確認することにあります。返済時には利息も同時に支払われることになりますが、

 

 

確実に返済できる申込者かなぁ・・・


この利息を受け取ることでアコムは利益を得ることになりますので返済されないということはただ利益を失うだけでなく損をすることにつながります。こうした理由もありアコムでは返済能力を測るための審査を行っているのです。

アコムの審査に通らないケース

安定した収入の意味

 

アコムでは20歳以上の安定した収入を得ている人を融資対象としています。


ではこの条件を満たしていれば審査に通るのかといえば必ずしもそうではなく、安定した収入があってもアコムの審査に通らないケースがあります。アコムの考える安定した収入とは、給与収入など労働による収入であることを前提としており、

 

 

年金や生活保護費


については毎月安定した収入ではありますがアコムの審査では収入とは判断されません。

過去または既存の返済状況による判断

アコムでは審査において個人信用情報機関に信用情報を問い合わせています。これは過去に利用したカードローンやクレジットカードの利用記録であり、アコムではこの信用情報を確認することでその人の経歴に問題がないかどうかを判断します。

 

例えば、カードローンやクレジットカードの

 

 

  • 過去の利用において返済の滞納等があった場合
  • 債務整理などの金融事故があった場合

も信用情報に記録されていますので、こうした記録がある人についてはアコムの審査でもかなり評価が低くなり、まずアコムの審査に通ることはないと考えるのがベターです。

在籍確認で審査に通らないケースも・・・

アコムの審査では安定した収入を判断するために勤務先への在籍確認を行っています。この在籍確認は、申し込んできた人の勤務実態を調べることで返済能力を調べることに加えて詐欺を未然に防ぐという目的も含まれています。そのため、

 

 

  • 実際には存在しない勤務先を登録していた場合
  • 事実と異なる勤務先を登録してアコムに融資を申し込んでいた場合

は在籍確認で発覚しますのでこの場合も審査には通りません。

アコムの審査に通るために必要なこと

アコムの審査に通るために最も基本となるのは、事実に即した情報で申し込むということです。審査では個人の信用をもとに融資を行いますので、事実と異なる情報で申し込んだとしてもアコムに信用をしてもらうことはできません。

 

特に借入の有無や残高、勤務先については必ず事実に即した情報を登録するようにしましょう。