会社員のアコムの審査基準

アコムの会社員に対する評価

アコムが融資を行うにあたり最も審査で重視するのが収入の安定性です。というのは、アコムから借入を受けたお金はその後返済を進めていく必要があり、毎月の収入の中から少しずつ支払わなければならないためです。

 

 

会社員なら余裕かも・・・


つまり、収入の多い少ないよりも、毎月の収入の金額が安定している方がアコムとしても安心して融資をすることができるということになります。職業というものはアコムで融資を受ける場合の審査でも必ず確認されるものですが、やはり会社員というものは

 

 

安定性という面では自営業などと比べると・・・


優れたものがありますし、実際にこうした職業についている層も多いことからアコムでも評価が高くなります。

会社員のアコムの審査基準

アコムで会社員で働く人が融資を申し込んだ場合、収入の安定性については申し分ありませんのでそれ以外の部分で審査のポイントをつけていくことになります。たとえば現在の勤務先での勤続年数ですが、これについてはやはり

 

 

短いよりも長い方が審査での評価は高くなります。


会社員として働いている人であっても、新卒で入社してまだ1月目という状態では、まだ収入が安定しているとは言い難い状況ですので、こうした状態ではアコムの審査に通る可能性は低いといえるでしょう。

 

この勤続年数については新卒でなくとも、転職して間がない状態でも同様であり、このことからもアコムの審査では収入がどの程度安定した状態なのか、ということを重視していることがわかります。

会社員ならアコムからの借入金額も高くなる?

アコムで融資を受けることができる金額については、総量規制の関係から年収の3分の1が借入可能な限度額となります。

 

これは会社員として働いている人であっても同じですが、年収の金額についてはパートやアルバイトとして働いている人に比べて高額であることから融資を受けることができる借入金額も高くなります。

 

 

会社員なら幾らまで借入可能かなぁ・・・


とはいえ、最初からいきなり高額の融資が受けられるというわけではなく、最初の段階では会社員といえどもそれほど借入金額も高くはならないでしょう。アコムが融資を行う金額を決めるのは、その人のもつ収入の安定性もさることながら、

 

 

信用度も大きく関係します。


遅れずに返済を続けることができるか、その金額は適正なものか、こうした実績によってアコムからの信用度が上がっていきますので、最初の段階では信用度も低いことから会社員であっても高額融資はできないと考えておいた方が良いでしょう。