アコムはアルバイトでも申込可能※学生の場合の条件は?

アルバイトがアコムに申し込む場合

アルバイトであっても安定した収入があればアコムで融資を申し込むことができます。ここで重要なポイントとなるのが、アルバイトであればどんな人であってもアコムに申し込むもとができるというわけではない、という点です。

 

 

アルバイトでもアコムに申込めるのかしら・・・


勿論、アルバイトで収入を得ている人の場合はトータルの年収についても決して多くはないため、総量規制の影響を受けるアコムの融資ではあまり高額の借入はできません。しかし、それ以上に注意すべきなのはその収入の安定性です。

総量規制による貸付可能枠=年収の3分の1以下

アコムで融資を申し込むことができるのは、毎月の収入が継続的に安定して入ってくる状態の場合であり、そうでない場合には申し込んだとしてもその後の審査に通る可能性は低いと考えるべきでしょう。

アルバイトの収入の安定性

アルバイトで収入を得ている人の場合、安定して収入が入ってくる状態というのはできる限り

 

 

毎月の収入の金額についても一定であることが望ましい


といえます。正社員や公務員の場合、病気や怪我などで休んだとしても有給休暇が取得できますので、休んだ分については毎月の収入にそれほど大きな差はありません。

 

しかし、アルバイトの多くは時給で給与が計算されますので、働いた日数が少なくなればそれだけ収入も少なくなります。逆に言えば多く働けばその分収入も多くなるという計算ですが、こうした変動が多い状態というのは、安定した収入とは言いづらい部分があります。

 

 

アコムの審査では毎月の収入がどれだけ安定しているかという点が重要


となりますので、毎月の金額についても気をつけておきたいところです。

短期のバイトは安定した収入とはいえない

アルバイトと一言でいってもその形態には様々なものがあります。アコムが融資対象として想定しているのは、期間限定の短期バイトではなく長期で働くという状態です。その意味では、アルバイトの勤続年数についても短いよりも

 

 

できる限り長く同じ職場で長期間働いている方が望ましい


といえます。長く勤めていることによって、申し込んできた人の勤務先での信頼性も高いと判断してもらうことができ、それはアコムの審査でも優れた信用度があるとして評価が高くなります。逆に長期アルバイトであっても、まだその勤務先で

 

 

仕事を始めたばかりという場合には・・・


アコムの審査でも評価は低く判断されてしまいます。勤続期間は収入の安定性に直接影響する部分ですので、アルバイトであっても少しでも長くその職場で働いている方が審査でも有利な状態になるのです。